Acerca de

AruWakusei_Logo2_Small_h.png

Comment

居場所を失い、この世界から忘れられてしまう不安を抱えて、ふたりは惑星のように物語を彷徨う。しかし、その感情は安易なドラマに飲み込まれることなく、ひとつの光学装置となって世界へと折り返される。その無垢なる視線が発見するのは純粋な体験としての世界の光景=映画なのだ。      

諏訪 敦彦監督

『風の電話』

奇跡的に出会っても同じ言葉を使っていてもすれ違い離れていく。何度でも何度でも、時間を使い場所を変えて繰り返す。画面から溢れ出る同録の、映ってはいないけど確実にそこにいるであろう人々の生活の音。遠くピントも合ってないところで遊ぶ子どもたち。一見無駄に見えるループだけど、そのループこそが「生きてる」ってことかもしれないし、面倒くさい事に巻き込まれてる、面倒くさい彼女たちの「希望」なのかもしれない。

井口 奈己監督

『犬猫』『ニシノユキヒコの恋と冒険』

横浜に通い、ロケハンも撮影もして来た者として、本牧あたりの無機質で何処か人間の存在を小さく感じさせる「あの風景」を写し取る詩的な感性に素直に驚く。ただ、小さくとも人は確かに存在している。やがて、この映画はいつの間にか(と言うほかない)二人の女性の実存を問うものに変貌していく。風景のなかにいた人が、ハッキリと浮き出てくる。この危うく美しい瞬間、この映画は詩であるよりも散文であることを果敢に選び取る。ここに監督・深田隆之の向かう先もあるのではないか。

濱口竜介監督

『ドライブ・マイ・カー』『偶然と想像』

観る者は、決して圧倒的ではない明るく穏やかな悲しみを発見するだろう。それはこの映画の鼓動であり、登場人物への敬意であり、悲しみの感情とは私たち人間の最後の証明であるかのようだ。

ベルフォール国際映画祭

ルイとメイコ、2人の間に芽生えたわずかな絆だけが、前進するための道を切り開くだろう。深田隆之監督は現代社会を黙想し、人間の感情が開花する(あるいはしない)空間、女性の役割などを鋭く観察し描いている。

ポートランド美術館 

ノースウェスト フィルムセンター

映画の中から風が吹いてくるのを感じます。たぶん、本牧の港から流れてきているのかなあ。そんな心地よい風を感じながら、透明人間か幽霊にでもなった気持ちで、よく知らない彼女たちの人生の1シーンを98分間愛おしく見守っていました。

吉見茉莉奈 俳優

深田 隆之は実兄です。

生まれた時から知っている関係ということもあり、不思議な気恥ずかしさと誇らしさがあります。兄と弟というのも一筋縄ではいかない距離感の関係性だと思っています。僕は映画の中で出てくるふたりの関係性を自分たちの関係性と照らし合わせながら見てしまいました。兄の日頃から出ている謙虚な姿勢のようなものが演出に現れているようで僕はこの映画がとても好きです。

​マーライオン シンガーソングライター